ネットボール

「ネットボール」とは?

ネットボールは1980年代に女性用バスケットボールとしてイギリスで誕生しました。
現在ではイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、西インド諸島、南アフリカなど、世界70カ国以上で子供からお年寄りまで男女を問わず楽しんでいます。

ネットボールイメージ画像

ネットボールの特徴画像
ネットボール

重要なのはチームワークとコミュニケーション!
ポジション毎に動ける範囲と役割が決まっています。
そのため個人技よりもチームワークとコミュニケーションが重要です。


ネットボール

接触プレーは一切禁止!
相手にぶつかったり、ボールを奪うのは反則です。
ボールを持っている相手から90cm離れる必要があります。

ネットボールのルール画像
 1チームは7人
 ドリブルは無し
 ボールを持ったら2歩まで歩ける
 ボールは3秒間持てる
 ボールを持っている相手からは90cm離れる
ネットボール コート説明

 コートの広さはバスケットボールよりも少し大き目です。
 ゴールの高さはバスケットボールと同じですが、バックボードがありません。

ネットボール ポジション毎の役割・、行動範囲の説明

GK
相手攻撃陣のシュートを防ぐ守備の要。

GD
GKと連動し守備的なポジションを担当する選手。

WD
守備的なポジションを担当しながら前線へボールを供給する選手。

 

C
攻守の要でありチームの司令塔

 

GS
シュートを打つ人。チームの点取り屋。

GA
GSと共にシュートが打てる攻撃的な選手。

WA
攻撃的なポジションを担当し前線へボールを供給する選手。

開催中のイベントをチェック

↑ このページのトップへ